不倫相手の幼少期の家庭環境に同情しちゃう…漫画『パパ、浮気してるよ?娘と二人でクズ夫を捨てます』2(分冊版15・16・17)感想【ネタバレあり】

※本文中の商品リンクはアフィリエイト広告を利用しています
マンガ

「私のママは、私の親友からパパを奪いました」

こんなセリフを子どもに言わせる漫画…本当に胸が締め付けられるけど、1巻での絵美の印象がちょっと変わるかもしれない『パパ、浮気してるよ?』の続編。

時は、1巻で主人公の夫とその不倫相手だった絵美の子ども時代に遡ります。ちょっと絵美に同情しちゃうような、でもやっぱり「大人になってからやってることはダメだよねぇ…」と思うような、もしかしたら、そこに至るにも何かあったの?と思うような、そんな始まりです。

マンガはこちら→ 『パパ、浮気してるよ?娘と二人でクズ夫を捨てます2

あらすじ

「私のママは、私の親友からパパを奪いました」

そう頭の中で呟きながら、ゆみに声をかけた萌。ゆみは1巻での主人公・香澄の娘。萌は、主人公の夫の不倫相手の絵美の娘です。

「ある日突然会えなくなった、私の親友」

そうして、時は遡り、描写は不倫騒動を起こした洋介と絵美の中学時代に…。

厳しくキツイ母親と空気のような父親に育てられたイケメンでモテモテの洋介。母親の愛情を知らずに育った超美人な絵美。

二人とも家庭環境から外に愛情を求め、異性関係が派手だったけれど、洋介と絵美はそういう関係にはならずに心地よい関係を保ち、完全にグレるのをお互いに防いでいた存在だった。

著:芸子 「パパ、浮気してるよ?」から始まる大ヒット電子コミック続編! ストーリーはシタ妻、サレ妻の娘たちの再会からはじまる――
¥257 (2024/02/14 12:13時点 | Amazon調べ)
ひまり
ひまり

電子書籍サイトの『シーモア』『BookLive』『Renta』で分冊版1〜3が期間限定で無料になってます!電子書籍ならポイ活も!シーモア版『パパ、浮気してるよ?娘と二人でクズ夫を捨てます』、BookLive版『パパ、浮気してるよ?娘と二人でクズ夫を捨てます』、Renta版『パパ、浮気してるよ?娘と二人でクズ夫を捨てます』を見てね。

ネタバレ感想

洋介と同じ高校に進学した絵美。持ち前の陽キャ体質ですぐに友達ができる洋介の一方、絵美は「ヤリマンで有名な第三中の絵美だよ」と聞こえるように陰口を叩かれる。

「ちょっと顔はいいかもだけどー。性格終わってんだってー」

そんな悪口にも慣れっこになってしまっている絵美は、悪口を言っている子たちのところへ向かい、

「顔も性格も終わってるお前らより、全然マシじゃん?」

と言い返すような性格で自分を守っていました。

ひまり
ひまり

それというのも、絵美には母親がいなくて、父親は周りの友達の一回り以上も年上だったので、子どもたちが盛り上がるキャラクターものやかわいいシール帳、そういった仲間に入れるグッズがわからなくて買ってもらえなかったんですね。

しかも、身の回りのことも無頓着だったようで、髪の毛は伸びっぱなし、洋服もいつも同じ…。

そんな幼少時代だったから、自分を守るためにこの性格になったのです。

でも、陽キャ・イケメンで男友達も多く、女子からの人気も高い洋介と仲が良かったことで、洋介と仲良くなりたい女子と関われるようになり、楽しい学校生活が始まりました。

そんな楽しい生活もつかの間。

高校を卒業してアパレルのショップ店員として働いていた絵美ですが、お給料は安く、自社服を買って残ったお金と、すでに定年している父親のアルバイト代だけでは暮らせていけなくなってしまいました。まだ高校生の弟もいます。

とうとう、アパレルショップ店員をやめて、キャバクラで働くことを決意した絵美。

ひまり
ひまり

そんな事情なのに「やっぱり血は争えないな」と母親と比較したセリフを吐く父親。もう最低…。

。母親の愛情を知らずに育った絵美。といっても、母親は亡くなったわけではありません。

絵美の母親は、17歳で絵美を産み、19歳で絵美の弟を出産。4歳だった絵美でも記憶にはっきり残るほどの美しさを持った絵美の母は、もともとキャバクラで働いていました。

そのころのキラキラした世界が忘れられず、子どもが泣いても友人と電話しながら放置状態。機嫌のいいときだけ子守唄を歌ってくれるような母親でした。

だから、生まれたばかりの赤ちゃんの弟のことを一生懸命みる2歳児だった絵美。そして、絵美が4歳になるころに、母親は夜の世界に戻ってしまうのです。そのとき母は21歳…!

そして、ちやほやされるうちにここでの生活が嫌になり、とうとう4歳の絵美と2歳の弟、そして夫を置いて、女性としての幸せを東京に求めて家を出て行ったのです。

ひまり
ひまり

このときの描写がすごく切ない…。不倫の時の絵美は大嫌いだけど、このときの絵美は抱きしめてあげたい。母親の顔色を伺い、弟の面倒を一生懸命みている絵美…でも、こういう家庭ってあるんだろうな…。

それにしても、絵美が18,9歳あたりでショップ店員をやめてキャバクラで働き始めたときに、父親は定年退職後のアルバイトをしてたわけですよね。この漫画での定年の年齢設定が60歳か65歳かわからないけど、仮に60歳だったとしても、60歳ー18歳=42歳で、絵美が生まれたとき父親は42歳くらいだったわけですね。

そして、母親が絵美を産んだのは17歳でしたよね。17歳の女の子を妊娠させる42歳…。いや、これが10年経ってからの話ならわかります。27歳の女性が52歳の男性と結婚して出産したなら、それなりに判断能力あったと思いますが…。

マンガ内でも、ちゃんとした活字じゃなく、母親の怒鳴り声として殴り書きな風で「両親もいなくて、何も社会を知らない私をジジィのお前が丸め込んだんだ」ってセリフがありました。子を置いていくロクでもない母親ですが、ここはそのとおりって思っちゃいました。

それで絵美たち子どもにこれだけの苦労をさせるなんて、父親もどうしようもないですよね…。

けっこう絵美に感情移入しちゃった2巻。まだまだ続きます!

著:芸子 「パパ、浮気してるよ?」から始まる大ヒット電子コミック続編! ストーリーはシタ妻、サレ妻の娘たちの再会からはじまる――
¥257 (2024/02/14 12:13時点 | Amazon調べ)
ひまり
ひまり

電子書籍サイトの『シーモア』『BookLive』『Renta』で分冊版1〜3が期間限定で無料になってます!電子書籍ならポイ活も!シーモア版『パパ、浮気してるよ?娘と二人でクズ夫を捨てます』、BookLive版『パパ、浮気してるよ?娘と二人でクズ夫を捨てます』、Renta版『パパ、浮気してるよ?娘と二人でクズ夫を捨てます』を見てね。

さらに3巻はこちら!

著:芸子「私のママは私の親友からパパを奪いました」シタ妻・絵美の娘、萌とサレ妻・香澄の娘、ゆみ。中学生になり、再会した二人。お互いがすぐに誰かわかったのは、私達2人があまりにも自分の母親そっくりだったから…。 萌の母親であるシタ妻・絵美は、母親が早くに家を出て行き、小さな弟の面倒を絵美が見るなど、不遇な家庭環境で育っていた。中学生になり、孤立しがちな絵美と、厳しい家族のもとで育った洋介は自然と仲良くなり…。
¥286 (2024/02/11 05:11時点 | Amazon調べ)
タイトルとURLをコピーしました